ガラスギャラリー

大阪・北浜でお友達に会って、その後、お友達おススメのガラスギャラリー「CuteGlass Shop and Gallery」を見せてもらいました。

明治28年創業で、大阪市北区に本社がある日本精工硝子株式会社のギャラリーです。

でも、単なるショールームではありません。キレイな物、特にガラスが好きな方・探している方、古いガラス・建物に興味がある方、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

建物は、大正14年(1925年)に建てられた、そして2017年まで住まわれ続けてきた薬問屋の宗田治三郎の自宅を、かつての趣を残したまま復元されたものです。そのため、一歩足を踏み入れると、ちょっとタイムスリップしたような気分になります。

入ってすぐ、かつて土間だった場所には、たくさんのいろいろなガラス瓶が置かれています。透明感がとても美しいです。

売り切れでなければすべて購入できて、1つ数百円。

この奥には、期間限定の展示が展開されていて、今日は、「硝子の原風景 GLASS Urlandschaft 『駄菓子とガラス』」を見せてもらいました(2019年4月26日までの予定が、延長中だそうです)。

プラスチックがまだ普及していない時代、ガラスは容器として重要な材料だったんだなあとしみじみ感じました。

最近の容器は、ガラスからプラスチックに置き換わることが多くなり、ガラス市場は縮小傾向だそうです。そうだろうなぁと思いました。

これまで私は、プラスチックの化学と歴史についても調査や研究をしてきたのですが、それはプラスチックが良いとか悪いとかを判断するためではなくて、プラスチックの誕生と進化の過程を知るほどに、化学の歴史は人間の歴史だと思わずにはいられなくなり、そこが興味深かったからです。

ガラスとプラスチック、ライバルのような関係なのかもしれませんが、今日の訪問をきっかけに、ガラスの化学と歴史にも興味を持ち始めました。

コバンソウ

今年初のコバンソウを発見しました。

私が子どもの頃、小判のような形がありがたい感じがして、むしり取って、ただ集めたり、お財布の中に入れてみたりしていました。

この話しをした影響があるのか無いのか、娘もコバンソウが好きです。

今年初のコバンソウを発見して、集めずにはいられません。

このブログを書くために、コバンソウを調べてみたら、コバンソウという名前はてっきり子どもの間での通称だと思っていたのですが、本名でした。知らなかった…。

しかも、小判の形をしていながら、もともとは日本に生息していなくて、明治時代初期に日本にやってきた侵入生物(外来種とも言います)だったとは…(国立研究開発法人国立環境研究所の侵入生物データベース)。

今年もこのあと、財布やポケットやいろんなところから、カサカサでバラバラになったコバンソウが出てくるんだろうなぁ…。

アサリ

妹家族が潮干狩りに行き、おすそ分けのアサリをもらいました。

海水程度の塩分濃度の塩水で、砂抜きをするのがいいそうですね。

海水って、舐めたら結構しょっぱいですよね。海水の塩分濃度は場所によって異なるそうですが、平均では3.5%(海洋研究開発機構ホームページより)だそうです。

ざっくり計算してみると、500mlの水に、だいたい18グラム(=だいたい大さじ1杯)の塩を入れるくらいです。なかなかの濃さです。

新鮮なアサリだからか、砂抜きしていたら、元気に顔を出していました。

5才児は興味深々、貝から出ている部分を、ツマミます。

そして、お味噌汁になったアサリを取り出して、アサリの体はどうなっているのかと調べていました。

毎日どう過ごすか悩む10連休…。今日は大阪・天満橋で開催されている「石ふしぎ大発見展」へ。

10年ほど前に行ったときよりも、会場の面積もお店や石の数も、かなり拡大されていて、私もびっくり。

娘は小さな頃から、花やら葉っぱ、実、石、なんかのカケラなど、気になったものをよく持って帰ってきますが、今でも「石」は格別です。

5才児が最も喜んだのは、プラスチックケースに入った大量の小石から、カップ1杯分、もらえる(買う)もので、

石を選ばずにカップ1杯すくって500円、

石を選んでカップ1杯分なら1000円。

すごーく長い時間をかけて、カップ1杯分、お気に入りの石をチョイスしました。

帰宅してからは、さっそく新たに仲間入りしたキレイな石たちを、画用紙の上で並べていました。今日は「色分け」気分のようです。

「分類」は、サイエンスではとても大切で基本的な考え方のひとつです。

小さな子どもでも、その子なりの「分類」を楽しむことができますよ。葉っぱ・どんぐり・ボタン・ぬいぐるみ・などなど、家にあるもので、ぜひ、グループ分けや順番ならべなどで、遊んでみてください。

石の世界を楽しんだあと、思いつきのついでに、同じく天満橋からも乗れる「水上バス」に。

The 大阪観光ですが、10年前に乗ったときとくらべて船はキレイになっているような、指定席制に変わったような…。何より10連休なのに混んでいなくて、水の上の小一時間は気持ちよかったです。

ポン菓子

昨日から始まった10日間という長い連休は、どこもきっと混んでるので、近所で過ごすことにしました。

今日は地元、奈良県生駒市の「高山竹林園」で開催された「第2回高山こもれび市」へ。第1回は昨年の11月、妹に誘われて行って、とっても楽しかったので、今日は朝からお出かけ。なのに、すでに臨時駐車場行き。

早速、私も娘も前回初めて見て楽しかった、ポン菓子の実演へ。

今日も大きな音で、一気に、大量のポン菓子が出てきました。

ピンク色の→で指した黒い入れ物の中に、お米が入っていて、圧力鍋のように密閉&加熱されて、くるくる回っています。青色の→の先が、圧力鍋の中の圧力がわかる圧力計です。

圧力鍋の中では、お米も、お米の中の水分も加熱されます。でも圧力が高いので、そう簡単には水は水蒸気には代わりません。

圧力鍋の蓋を開けた瞬間、鍋の中は普通の圧力に戻り、水分は一瞬で水蒸気に変化します。液体の水が気体の水蒸気になるとき、その体積は1500倍以上になるので、お米が一気に膨らんで、フワフワ、サクサクになるんですね。

1500倍ってすごいですよ、10円が1万5千円ですもんね。

コーンの中の水分を水蒸気にして膨らませるポップコーンも、ポン菓子とそっくりの仕組みを使ったお菓子です。

おかしにサイエンスを感じる瞬間です。

このあと、温かい砂糖水を加えて、完成です。

できたてポン菓子詰め放題200円…をこの日、2回やりました。

ご存じの方が多いのか少ないのかわかりませんが、奈良県生駒市の高山地区は、国内の茶筅生産のほとんどを占める日本最大(=世界最大)の産地です。

茶筅を使って、自分でお抹茶をたてることもできます。子どもでもやらせてもらえます。

ここから見えるお庭も、とても素晴らしいです。

幼児向け月刊絵本のかがく遊びコーナー

幼児向け月刊絵本のかがく遊びのコーナーを、お手伝いさせていただけることになりました。

小さな子どもたちの手に、毎月届く絵本。

私の娘も、毎月、ルンルンで保育園から持って帰ってきます。

たくさんの子どもたちがわくわくして読んで、「やってみたい!」と言ってくれ、黙々と、あれやこれやと、遊んでくれる(実験してくれる)ページにしていきたいなあと思います。

小さな子どもたちの毎日の暮らしと、サイエンスが結びつく、…そんな企画を考え中です。

小さなこどもたちのかがく・育ち・遊びの研究プロジェクト(仮称)

小さなこどもたちが楽しそうなら、それでよい。…とは思っていないのです。

私(私たち)は、取り組みとその結果から得られたデータを元に、学術的見地から検証し、科学的な根拠に基づいて、小さな子どもの学びとかがく遊びの環境づくりに取り組んでいます。

今日は、このプロジェクトの今年度2回目の打ち合わせでした。

助成金の共同研究者としても参画させていただいているので、楽しみでもあり、気の引き締まる思いです。

このような実践的な研究は、国内ではほとんど例が無く、まだまだ発展途上の研究分野です。

「こどもサイエンスプランニング」の活動の中でも、実践研究として取り組んでいるものもあります。どうかご理解とご協力をお願いいたします。

はじめまして。岳川 有紀子です。

今日、「こどもサイエンスプランニング」を立ち上げました。

小さな子どもたちとサイエンスとの距離をもっと近づけたい! サイエンスでもっともっと遊んでほしい!

このことを実現したくて、21年間勤めた大阪の科学館を退職し、自分の会社を作りました。

こどもはすぐに大きくなっていきます。とても嬉しいことですが、ちょっぴり淋しくも感じます。あっという間に過ぎてゆく、でも大切な小さな子ども時代を、子どもはもちろんのこと、私たち保護者もさらに楽しく、もっと幸せに過ごせたらいいなと思っています。

これまでの仕事、子育てなどの経験を活かしながら、これまでにない子どもとサイエンスの繋がりを作っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

こどもサイエンスプランニングの思い

サイエンスは難しい、小さなこどもにはまだまだ…と思っているのは大人だけかもしれません。

小さな子どもたちにとって大切なことは、その子の興味・関心に基づいて、遊び込む経験を積んでいくことです。

遊びの中で自由な試行錯誤を重ねることによって、「チャレンジする力」、「考える力」、「没頭する力」、「がんばる力」、「くらべる力」、「伝える力」など、非認知能力と呼ばれている能力が、幼児期にぐんと発達すると言われています。

こうした力は、将来、理系に進む進まないに関係なく、論理的・客観的な思考、説明ができるようになるために、だれにとっても大切な力です。

そして、さまざまな試行錯誤の可能性が溢れる遊びは、サイエンスの得意分野です。サイエンスも、小さな子どもにとって、身近であり、とても楽しい遊びの題材になります。

こどもサイエンスプランニングは、小さな子どもたちの早期英才教育としてではなく、 小さな子どもたちが安心して科学遊びを楽しみ、保護者のみなさんも子どもの発見に感動できる、そんな空間・環境を作るお手伝いをさせていただきます。

そして、「楽しくてよかったね」だけで終わることなく、実践研究としての側面を持つことで、この活動が、世界中のこれからの小さなこどもたちにとって、真に役に立てることを目指しています。

大阪の科学館で、21年間に渡り学芸員として科学教育に取り組んで参りました経験を、小さな子どもたちのためにお返ししていけたらと思っています。

こどもサイエンスプランニングでは、大学やミュージアム、保育園のみなさまなどとともに、幼児期における科学活動の重要性についての実践研究を行っております。エビデンスとして、実践研究のご協力をお願いさせていただく場合がございます。何卒ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

↓ なぜかブログがこの下にも表示されてしまうのですが、ご了承ください。